HOME鉛蓄電池用ガラスチューブ
鉛蓄電池用ガラスチューブ

鉛蓄電池用ガラスチューブGLASS TUBE

鉛蓄電池用ガラスチューブ

電動車両用ガラスチューブ / 据置電池用ガラスチューブ

耐酸性ガラス繊維を円筒状に硬化成形したもので、ガラスチューブと呼ばれています。ガラスチューブは、編み組み加工したガラス長繊維を合成樹脂で硬化させた製品でクラッド式鉛蓄電池の正極板として使用されます。

実績のある優れた耐酸性と、深い充放電により発生する膨張収縮に対してのガラスチューブの伸縮により、充填された正極活物質を保持し、脱落を防止します。

クラッド式ガラスチューブとは

一般的にクラッド式鉛蓄電池に使用されており、チューブ状に編祖硬化された製品を横並びに合わせ芯金に通し、活物質である鉛粉を充填密封して、一枚の正極板として取り扱われます。

活物質が電解液(硫酸)に漏れ出すのを防ぎ、硫酸酸性の雰囲気でも長期間活物質が保持されるため蓄電池の耐久性が向上し、電気容量の急激な低下を防げるため、主に長寿命が要求されるフォークリフトなどの産業用蓄電池全般に使用されています。

クラッド式ガラスチューブとは

ガラス繊維製チューブ

芯金

活物質

ジーエス化成工業株式会社 ジーエス化成工業株式会社

© GS KASEI KOGYO CO.,LTD. all rights reserved.